宇都宮市・宇都宮線沿線の中古マンション仲介・売買・管理。クラシエール株式会社のコーポレートサイト。

ポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
電話028-612-1345

ブログTOP > ブログ > 【ご相談事例】「ぼや火災」は告知事項に該当するか

【ご相談事例】「ぼや火災」は告知事項に該当するか

  • 投稿者: tsurumi
  • 2014年8月3日 11:49
  • ブログ

【相談内容】

・売主様は物件Aを所有。これを売却したい。

・Aは8年前に競売で購入後、リフォームをして現在まで居住。

・競売落札後、近所の方から「10年ほど前にボヤ火災があったようだ」というお話を聞く。

・建物の天井を剥がしたところ、柱や屋根裏の一部に炭化が見られた。

・競売時に裁判所が発行する、いわゆる「3点セット」には記載なし。

・売主様自身も詳細は不明だが、売却の際に告知は必要か。

 

【対処方法】

・買主様に告知は必要。売買時の重要事項説明書および告知書にその旨を明記する。

 

【ポイント】

・告知の要否については、裁判で様々な判例がでており、一概には判断できません。

・ただし、根拠なく「恐らく大丈夫だろう」という考えは大変危険です。

・買主様の立場で、「その事象を聞いていれば購入はしなかっただろう」と思われる事項については、販売の段階から包み隠さずご説明する事がトラブルを防ぐ一番の方法です。

・なお、告知せずに売却し、後日発覚した場合は、たとえ「瑕疵担保責任免責」の取引であっても損害賠償等の対象となりますのでご注意ください。

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.classy-yell.com/blog/wp-trackback.php?p=452
トラックバックの送信元リスト
【ご相談事例】「ぼや火災」は告知事項に該当するか - クラシエール代表ブログ より

ホーム > ブログ > 【ご相談事例】「ぼや火災」は告知事項に該当するか

カテゴリー - Categories
ブログ内検索 - Search
SUUMO掲載物件
アットホーム掲載物件